.

よくある初めての方向けの外為のテキストでは「損が生まれた場合はナンピン買いで、全体の平均の価格をコントロールする事が出来る」などと助言されていたりする事もありますが実際にはそれにはかなり大きな落とし穴が待ち受けています。まず、ナンピン買いの方法について分かりやすく説明しておこう。仮に100円で1ドルを買ったとします。$(ドル)買いなので、円安になればなるほど利益が出るわけですが、思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高・ドル安方向に触れたとします。この場面で所有し続けたら、損がなくなるまでには、ドル安になった分、ドル高が進まなければならない。投資家であれば、赤字は早急に0にしたいと願うだろう。これを解決するため最初にエントリーしたのと同じ分の$を1ドルを95円で買い増しする。すると、ポジションのコストは1ドル=97.50円まで引き下げることができます。すなわち、2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば、赤字を失くすことが出来ます。こういったことがナンピン買いの手法です。このとおり、ナンピンの原理を聞くと「納得だ」と考えたりするが、市場は容易には問屋を卸してくれない。初めから、1ドル95円が下値だということなど、誰一人として分かりません。仮定として、マーケットが相当に強いドル安地合であるならば95円ではとまらず更に一段の円高ドル安になる可能性は高くなります。97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピン買いを入れた分についても差損が生まれることになってしまいます。こういう状態では初めに取引したドルと同時に倍のマイナスを被ることになる。この通り、ナンピンはややこしいです。であるなら、為替が自分の筋書きとは逆の方向にどんどん進んでしまった場合どんな手法で危険の確率を避ければいいのでしょうか。こういう状態で選べる選択肢は限られています。まずひとつは観念してポジションを閉じる事です。もうひとつはその段階で、所有しているポジションを小さくする事によって改めて為替相場が元のようになるのをじっと待機する事です。消極的なやり方だと言う投資家もいると思います。しかし、自分が所有している買いポジションに為替差損が生まれた時最も危険の少ない手段はこの2つ以外には考えられない。無論、理論としてはナンピンをする考え方も効果的です。だけどナンピンは、あなたが損失を出している場面にもかかわらず買いポジションを減少させるどころか、遂に買いポジションを重ねていく方法です。これでは、リスクを削減することなどどう頑張っても不可能だと考えるべきです。ナンピン買いを続けられればその内損失が回復するかもしれません。だが、それより先にお金が足りなくなってしまいます。

Copyright (c) 2000 www.trovapagine.biz All Rights Reserved.